Monthly Archives:1月 2014

今ではわりと多くの方がクレジットカードをお持ちだとは思いますが、皆さんはどのようにして発行をして貰いましたか?
クレジットカードを持つためにはまず申請をすることから始まり、書類をそろえて審査をしてもらいそれに通過すると発行をしていただけるようになっています。
まれに、この審査に落ちてしまう方がいるようですがなぜ落ちてしまったのか、なぜ審査に通過できたのか。
気になっている方も多いのではないでしょうか。


クレジットカードの審査って何が重要なの?

高評価の対象となるのは、安定した定期収入のある方になりますので安定した収入・職業が安定している方でしたら比較的に何も問題はありませんので審査に通りやすいかと思います。
勤務先・雇用形態・勤続年数・収入が重視されるらしいので一度ご自分で確認されるのが良いかと思います。
また、連絡不通になる確率が低い方も高評価になるみたいですので、そこはしっかりしておきましょう!


信用情報って何のこと?

確認されるのが個人情報と信用情報ですが、その信用情報って何?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
信用情報とは、お金に関することが記載されています。
今までどれくらい借入をしていたのか、返済はきちんとされているのか、ブラックリストに載っていないかなどを調べているそうですので借入を他社から複数している方は審査に通りづらくなっているのだそうです!
気を付けましょう。

クレジットカードの審査には広く「3c」が重要だと言われ続けています。この3cとは即ち「Capacity」「Character」「Capital」の3つの頭文字を取ったものになっています。キャパシティーは容量、つまり返済能力に関わる年収や勤続年数といった内容、キャラクターは人格、その人の信用や人となりを表す内容、そしてキャピタルは所在や資産といったもしもの時の保証や担保に関わる内容をそれぞれ表しています。ただ年収や勤続年数といったCapacityはそうすぐ改善できるものではありません。そこで審査対策は主にCharacterやCapitalを中心に行ないます。


クレジットカード審査と人格

まずクレジットカード審査におけるキャラクター面ですぐ行なえる対策があるとすれば、申込書類やフォームを正確に埋める事、これが一番でしょう。また書類なら出来るだけ綺麗な字で書く、必要な書類はきちんともれなく揃える事で好感度を上げる事ができます。またもし窓口で申し込む場合は極力好印象な人間を心がける事で審査結果にも影響してくると言われています。また窓口で挙動が安定しない人等は逆に審査に悪い影響をもたらす為、自信のない人はインターネットによる申込等を利用したほうが無難です。


Capitalの改善

また所在や資産を表すキャピタルは一見改善の難しそうな項目ですが、こちらにも改善できる点がいくつかあります。まずもし両親が健在という事であれば、記録の上だけでも一時的に実家住まいをさせてもらうのが有効です。一人暮らしで借家より実家暮らしで持ち家のほうが審査では絶対的に有利ですし、携帯電話だけでなく固定電話がある事でよりCapitalは強固なものになります。

クレジットカードの審査には昨今一般的にスコアリングという手法が取られているといいます。あなたの収入や勤続年数、在宅状況や家族構成、今いくらの、そして何社からの借入があるか、こういった申し込みフォームに必要な各項目に機械が点数をつけていき、その合計点が合格点に達しているかで審査の是非が判断されると言います。しかし一方でクレジットカードの審査にはいくつかのタブーがあり、それに抵触しているとどれだけスコアリングで高い点数を出せても一発で審査に落ちでしまうといいます。


クレジットカード審査のタブー

クレジットカード審査のタブーにはいくつか種類がありますが、まずその中で最も一般的なのは信用情報に関する話です。クレジットは利用した際に必ず利用した分の額を支払います、という信用のもと成り立っている商品なので信用機関に過去延滞や滞納、未納や不払いの記録があると審査通過は難しくなります。また自己破産や債務整理なども同様です。


申し込みは誠実に

また意外と多いのは申込用紙に誤字や脱字、嘘の記載がある場合の審査不合格です。嘘の記載は前述の理由と同様に信用に関わってくるので見つかり次第基本的には審査落ちとなってしまいます。また誤字や脱字も同様の理由で審査通過が難しくなりますし、例え本意でない事を弁解しても大事な書類で誤字、脱字をしてしまうような人は依然信用が低い事に変わりないでしょう。特に連絡先は必ず正確なものを記載する事、これは信用機関がもしもの時の催促や確認に必要な連絡手段である為ここが正確でなければ間違いなく審査は通過できません。

今ではクレジットカードが増えてきていますが、皆さんは正しく利用していますでしょうか?
正しく使用しなければ後々困ってしまったりトラブルを起こしてしまいますので、ルールはきちんと守るようにして下さいね。
余裕をもって計画的にご利用されるようにして、また他人や家族に貸すことも避けて下さればと思います。
返済も返済日にしっかりするようにしましょうね!


クレジットカードの審査に落ちてしまった!

クレジットカードを持つ際には審査が必要不可欠ですが、その審査に落ちてしまった方もいるのではないでしょうか?
成人だし安定した収入もあるし就職もきちんとしている・・・なのに審査に通らなかったなんて言う方は、他の理由で引っかかってしまったのだと思われます。
例えば、既に複数のカードを持っているとかキャッシングで多く借りているとかローン残高が多いといったことがありますと、審査に落ちてしまう可能性が高いのです!


納得のいかない方は確認をしてみましょう!

なぜ審査に落ちてしまったのか、納得のいかない方も中にはいらっしゃるかと思います。
そんな方は、自分自身の信用情報を確認して見ることをおすすめします。
現在では自分自身の信用情報を調べられる信用情報機関がありますのでそこで調べてみるのが良いかと思います!
やはり、一度くらいはご自分の目で確かめた方が良いですよね。

すでにクレジットカードをお持ちの方でしたらご存知だと思いますが、クレジットカードを発行するまでにとても早くなりましたよね!
最短で発行していただけるところもありますので、本当に手間が省けるようになっていいですね。
さて、カードを持つためにはどうしたらよいのか、まずはお申し込みをされることです。
窓口や最近はインターネットからでもお申し込みが出来るようになっています!


クレジットカードには審査があります!

ここで忘れてはいけないのが審査です。
この言葉を聞いて不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、不安な気持ちを抱かなくても大丈夫ですよ。
ここでは個人情報や信用情報を確認されるので、正しく提出をすれば比較的通るかと思いますが安定した収入が無い場合や勤め先が安定していないという場合ですと少々不安ですので前もってご自身で確認された方が良いかと思います!


困った時は調べてみましょう!

何か不安なことや分からないことが出てきた場合は、インターネットなどで調べてみるのが良いかと思います。
人に聞くのが恥ずかしいという気持ちもありますでしょうし、口コミや体験談を掲載している方もいますので、そういった意見を探してみるのもアリだと思います。
直接会社へ尋ねるのもおすすめです!

クレジットカードに申し込むと必ずしなきゃいけないのが「審査」です。では、審査というのは何するのでしょうか?


クレジットカードの審査で見られること

クレジットカードの審査で見られることは、申し込んで来た人と申込書の内容が合っているかどうかを確認します。
そして次に申し込んで来た人が、きちんとお金を支払えるかどうかを確認します。
ですので、名前と住所が合っているかというのは、こちらが思うよりもクレジットカード会社の方は慎重になる部分なのです。名前や住所に誤字があったり記入漏れがあったりしたからといってすぐさま審査落ちすることはないでしょうけれど、こちらもそれなりに慎重に記入する方がベターでしょう。


相手の立場になれば見えてくること

クレジットカードは、言わば毎月毎月20~30万円を貸してもらうようなものです。また、カード会社の信用をもって、その場での支払いを立て替えてもらっているようなものでもあります。
もちろん、毎月20~30万円をフルで使うわけではありませんし、毎月カードを使うとも限らないわけですが、名目上は「このカードを持っていれば毎月20~30万円はお貸ししますよ」という形のものなのです。
そう考えると、誰彼かまわずカードを発行するわけには行きませんし、どこの誰かも分からない人には貸せないですよね。