クレジットカードの審査には昨今一般的にスコアリングという手法が取られているといいます。あなたの収入や勤続年数、在宅状況や家族構成、今いくらの、そして何社からの借入があるか、こういった申し込みフォームに必要な各項目に機械が点数をつけていき、その合計点が合格点に達しているかで審査の是非が判断されると言います。しかし一方でクレジットカードの審査にはいくつかのタブーがあり、それに抵触しているとどれだけスコアリングで高い点数を出せても一発で審査に落ちでしまうといいます。


クレジットカード審査のタブー

クレジットカード審査のタブーにはいくつか種類がありますが、まずその中で最も一般的なのは信用情報に関する話です。クレジットは利用した際に必ず利用した分の額を支払います、という信用のもと成り立っている商品なので信用機関に過去延滞や滞納、未納や不払いの記録があると審査通過は難しくなります。また自己破産や債務整理なども同様です。


申し込みは誠実に

また意外と多いのは申込用紙に誤字や脱字、嘘の記載がある場合の審査不合格です。嘘の記載は前述の理由と同様に信用に関わってくるので見つかり次第基本的には審査落ちとなってしまいます。また誤字や脱字も同様の理由で審査通過が難しくなりますし、例え本意でない事を弁解しても大事な書類で誤字、脱字をしてしまうような人は依然信用が低い事に変わりないでしょう。特に連絡先は必ず正確なものを記載する事、これは信用機関がもしもの時の催促や確認に必要な連絡手段である為ここが正確でなければ間違いなく審査は通過できません。

Comments are closed.