クレジットカードの審査には広く「3c」が重要だと言われ続けています。この3cとは即ち「Capacity」「Character」「Capital」の3つの頭文字を取ったものになっています。キャパシティーは容量、つまり返済能力に関わる年収や勤続年数といった内容、キャラクターは人格、その人の信用や人となりを表す内容、そしてキャピタルは所在や資産といったもしもの時の保証や担保に関わる内容をそれぞれ表しています。ただ年収や勤続年数といったCapacityはそうすぐ改善できるものではありません。そこで審査対策は主にCharacterやCapitalを中心に行ないます。


クレジットカード審査と人格

まずクレジットカード審査におけるキャラクター面ですぐ行なえる対策があるとすれば、申込書類やフォームを正確に埋める事、これが一番でしょう。また書類なら出来るだけ綺麗な字で書く、必要な書類はきちんともれなく揃える事で好感度を上げる事ができます。またもし窓口で申し込む場合は極力好印象な人間を心がける事で審査結果にも影響してくると言われています。また窓口で挙動が安定しない人等は逆に審査に悪い影響をもたらす為、自信のない人はインターネットによる申込等を利用したほうが無難です。


Capitalの改善

また所在や資産を表すキャピタルは一見改善の難しそうな項目ですが、こちらにも改善できる点がいくつかあります。まずもし両親が健在という事であれば、記録の上だけでも一時的に実家住まいをさせてもらうのが有効です。一人暮らしで借家より実家暮らしで持ち家のほうが審査では絶対的に有利ですし、携帯電話だけでなく固定電話がある事でよりCapitalは強固なものになります。

Comments are closed.